資産運用か住宅ローンの繰り上げ返済どっちがお得?

わが家は毎年1月に住宅ローンの繰り上げ返済をしています。

返済方法は「期間短縮型」を選択。

「住宅ローン7年目。繰り上げ返済の総額とわたしが思う早期返済のコツ。」で宣言した通り、今年も実行しました。

金額は100万円。

わが家にとって、とても大きい額です。

スポンサーリンク

投資か住宅ローンの繰り上げ返済どっちがお得?

円高進行&株も下がっている中、

「繰り上げ返済の予算から、一部投資に回そうかな?」っていう考えも出てきました。

仕込み時かしら?みたいな…。

でも結局、予定通り繰り上げ返済することにしました。

投資予算はすでにとってあるし、投資は余剰資金でということを思い出したからです。

儲かるかもしれないけど損するかもしれない。

まずは確実に住宅ローンを減らすことにしました。

繰上げ返済より資産運用がお得な場合

1年の最大控除額>所得税額+住民税額または借入残高の1%

かつ

住宅ローン金利が1%以下

この場合は、金利より減税の方が大きい、いわゆるマイナス金利状態になります。

団体信用生命保険に入っている方も多いと思います。

上記のことからあせって繰上げ返済せず、資産運用に回すという考え方もあります。

わが家は住宅ローン金利が1.275%なので繰上げ返済しようと決めました。

わが家の住宅ローン残高

今回の繰り上げ返済で、残高がやっと500万円台に突入です。

それでもまだまだ大金ですけどね。

このままいけば計画通り貯金と資産運用をしながら10年で住宅ローンを完済する予定です。

貯金が趣味とは言いませんが、繰り上げ返済で貯金残高が一気に減るのを見るのはやっぱりさみしいなぁ。

はやく全額返済してすっきりした気持ちで暮らしたいです。

そこからは毎月の住居費分も貯金と資産運用にまわすことができるようになりますからね。

わが家は保険にもほとんど加入していないので、保険の代わりに貯金で備えていこうと考えています。

保険に入らないという選択。もしもの時の貯金はいくらあれば安心?
この度保険の見直しをした訳ですが、医療保険やがん保険の必要性を考えるにあたって、もし病気になったらいくらくらいお金があれば安心か調べていまし...

貯蓄率アップ&コンパクトな家計

そこを目指していきます。

まとめ

住宅ローン控除などで一部お金も戻ってきたりもしますが、やっぱり借金は借金。

頭の片隅に「ちゃんと返しきらなきゃ。」っていうプレッシャーは常々あると思います。

今年もしっかり貯めて早期完済に向けて進んでいきます。

ローンは借金。これからの人生で2度とローンは組まない。
「教育ローン」 「住宅ローン」 「マイカーローン」 世の中には「ローン」と名のつくものがたくさんあります。 わが家も「住宅ロ...
スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly