保育園を転所してもうすぐ1年。息子の成長とともに感じること。

息子は0歳から認可保育園に通っていましたが、一年前にいまの認可保育園へ転所しました。

前の保育園は息子もわたしたち親もとても気に入っていたのですが、2歳児クラスまでしか保育がありません。

事前の説明会では、3歳児以降後は系列の認定こども園へ引き上げという形になるので「行き先がない!」ということにはならないとのことでした。

でもそちらのこども園になると送り迎えが遠くなったり、色々と支障が出てきそうです。

年齢が上がるほど転所は難しいという話を聞いて、2歳児クラスに進級するタイミングで転所希望を出すことにしました。

スポンサーリンク

保育園転所の流れ

「転所希望届け」を保育園を通じて市役所に提出します。

毎月締切で、欠員が出た時点で優先順位の高いこどもから転所が決定します。

でも動きはほとんどありません。

やはり転勤や引越しに伴い、1~3月頃に欠員が出ることが多いようです。

わたしの住んでいる地域では4月からの転所希望者が多いことから、市役所で公開抽選会となります。

抽選の抽選で順番を決めたあと、本番の抽選をします。

その後、市役所から保育園を通じて結果の書類を受け取ります。

転所できなかった場合は元の保育園に残留という形になるということだったので、そこは安心材料でした。

転所が決定してから

抽選で割とはやい番号をGETできたので、無事転所することが決まりました。

よかったという思いと同時に気持ちはとても複雑でした。

前の保育園の先生方には本当によくして頂いたし、こどもには仲のいい友達もいます。

最後まで「これでよかったのかな?」という気持ちを持ち続けていました。

4月に入学式を終え、徐々に環境に慣れていく姿をみてすこし安心しました。

前の保育園と転入先の保育園は同じ系列の保育園なので、保育方針は同じだし引き継ぎもしっかりしてもらっていました。

同じ保育園から息子を含めて3人同時に転所できたのも大きかったですね。

息子も友達の顔を見つけて安心した表情をしていましたし、わたし自身も保護者の方と話すことですごく気が楽になりました。

まとめ

いまではクラスの友達ともすっかり仲良しで、毎日楽しく過ごしています。

入園、転所、進級など4月から新しい環境になるこどもも多いと思います。

同じ保育園でも学年が上がって教室が変わり新しい友達が入ってきたりと、少なからず不安定になる時期だと思います。

こどもも新しい環境になじもうと努力していることでしょう。

せめて家ではほっと過ごせるように見守ってあげたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本日もお読みいただきありがとうございます。

ランキングに参加しています。
応援クリックいただけるとうれしいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly