100個以上あったせっけんを使い切りました。洗面代下収納の現状。

以前の記事で、ダンナさんの職場の方から頂いたせっけんのことに触れていました。

お金がかからない「使い切る暮らし」は簡単で楽しい。
薬を入れているボックスの中を取り出すのが好きな息子。 昨日も引き出しから全部取り出し、小箱や袋の中も出して遊んでいました。 よく...

いまの家に引っ越してきたときは大きな紙袋1個分あって、「どうやって洗面下収納に収めよう?」と思っていたものです。

それをとうとう使いきりました。

スポンサーリンク

それ以外にも実家や友人からのプチギフトでもらったり、ホテルのアメニティであったり(せっけんは絶対に使うので頂く派です。)増減を繰り返しながらここまできました。

せっけんを使っている間にそのよさに目覚め、ボディソープやハンドソープもやめました。

おかげでお風呂も洗面台もすっきりしました。

新たに買うお金も節約できたのでありがたかったです。

現在の洗面下はこんな感じです。

洗面台

トイレの近くなのでストックのトイレットペーパー、使い捨てトイレブラシの替えも置いてあります。

最近までステンレスのラックで上下2段に分けていたのですが、ラックにサビが発生してきたので撤去しました。

ここをどうするか考え中。

洗面台の向かい側にチェストがあり、各自の下着やパジャマ、タオル、洗濯用洗剤などを入れています。

新しいせっけんアイテムの候補

お風呂用↓

これひとつでシャンプー、リンス、ボディ、洗顔すべてOKとのこと。

リンスが本当に不要かは使ってみないとわかりませんが、ボトルの底を洗ったり詰め替える手間、ストックを置いておくスペースがなくなるのは嬉しい。

近々試してみようと思っています。

洗面所用↓

手洗い用と洗濯の汚れがひどいものに。

高品質なのにお財布にやさしくて助かります。

あともうひとつ気になっているアイテム↓

整理収納アドバイザーのEmiさんの著書「わたしがラクするモノ選び」で紹介されていたせっけんホルダーです。

使わないときはマグネットで吊るして保管できて、底のヌルヌルから解放されそう。

だんだんと少ないもので暮らせるようになってくると、心にも時間にも収納にも余裕が出てくるのが嬉しい。

「あれやらなきゃ。これ買わなきゃ。」っていうことを考えなくてよくなること、実際やらなくてよくなることで心のストレスが軽くなりました。

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
登録で更新情報をお届けします。
follow us in feedly